お子様の通学時のおすすめ防犯方法

小学校に通っている子供がいる親などは、防犯対策をしっかり意識しているでしょうか。子供に防犯ブザーを持たせているという方は多くいますが、通学時のトラブルというのは何も不審者の出現だけではありません。もちろん不審者が出現したときに備えて防犯ブザーを持たせることも立派な防犯対策の一つですが、気をつけることはたくさんあります。そこで、子供のトラブルを想定した防犯対策というのを考えておきましょう。まずトラブルとして挙げられやすい不審者についてですが、前述したとおりに防犯ブザーというのは非常に効果的です。恐怖で大きな声が出せない子もいますし、紐を引っ張るだけで大きな音を鳴らすことができるなど、子供の危険を知らせるために防犯ブザーというのはお手軽で最適な防犯グッズなのです。

不審者以外の防犯対策もしておこう

不審者以外に通学中に起こりやすいトラブルとして車との接触があります。これは子供に限った話ではありませんが、交通トラブルが発生しやすい場所というのはどの地域にも存在するのです。では、どこで起きやすいかというと、信号のない交差点です。車は赤信号があれば止まることがほとんどです。さらに学生の通学路ともなれば注意して運転するドライバーも多くいます。しかし、信号がない道路というのは気を張っていてもスピードが出やすくなってしまうのです。スピードが出ているときに子供の飛び出しなどがあれば、接触してしまう可能性も高くなります。そのため、子供の安全を確保するために信号があって安全な通学路を選ぶということも防犯対策として大切です。また、学校に連絡して危険なエリアを知らせることも必要でしょう。

防犯対策のために地域が連携する

子供の親がどれだけ防犯の意識を向けていても、地域の人たちが防犯に興味がなければ意味がありません。例えば通学路の近くにコンビニなどの常に人がいる場所があれば緊急時に駆け込むことができるでしょう。そのような緊急事態に頼れる場所というのを作っておかなければ、子供が一人という危険な状態を作りだしてしまいます。コンビニがない場所であっても、緊急時に駆け込むことができる地域のパトロールを担う家だったり、学童などの施設も必要です。また、仕事が忙しい家庭のために学校が行っている学童保育などを利用することも一つの防犯対策でしょう。子供を一人で帰らせるよりも、多少遅くなっても安全な場所である学校に子供を預けておくことで、安心して親が迎えに行くということもできるのです。このように、親が一人で守るのではなく地域と連携することも時には大切になります。

見守りサービスは、日本テレビ「シューイチ」で紹介されたメディア掲載の実績あります! 当社の見守りサービスの特徴としましては、JR東日本で初めての改札システムを使用した子ども見守りサービスとなっております。 サービス利用時の初期費用は一切不要です。月々の費用だけでご利用が可能となっております。 新しく端末等を準備する必要がなく、見守りサービスが利用できます。 通学時の防犯対策でお悩みの方はまもレールで行動をお知らせ