安全な通学ができる防犯アイテムの参考例を紹介

子供の身近には、連れ去りや変質者に出くわすなど、犯罪が多く潜んでいます。そんなニュースを見るたびにお子さんの安全を守りたいと考える方は大変多いと思います。そんな方のために、通学時の防犯グッズをご紹介します。まずは、通学時の防犯グッズと聞いて真っ先に思い浮かべる方も多いであろう、防犯ブザーです。防犯ブザーには、犯罪者に対する威嚇行為と、お子さんが危険にさらされていることを周囲に伝える効果があるので、一つは持っておきたいものです。防犯ブザー以外にも、通学時に使える防犯グッズは多くあります。例えば、カラーボールは、遭遇してしまった犯人の特定に使えるので、とても便利です。ほかにも、反射板を通学カバンなどにつけておけば、もしも犯罪者に連れ去られかけても、通りかかる車の運転手が気づいてくれる確率が上がります。

進化している防犯ブザーについて紹介します。

先ほども、防犯ブザーは犯人への威嚇効果やお子さんの危険を周囲へ伝えることができるため、通学時の防犯グッズとしてオススメできるということをお伝えしましたが、近年の防犯ブザーの機能はそれだけではありません。ここでは、更に増えている防犯ブザーの便利な機能についてお伝えします。近年の防犯ブザーは、ブザーが鳴らされると同時に発光するタイプが増えています。これは、夜間の連れ去りにも対応できるとして、塾などの習い事に通っているなどで帰りが遅くなるお子さんにおすすめです。また、ほかにも、近年の防犯ブザーにはGPS機能がついているものがあります。ブザーが鳴ると同時に、お子さんのGPS情報が保護者の方へメールで届く、契約しているセキュリティ会社に通知が届くなど、さらに安心できる機能が増えています。

通学時の防犯グッズについて気を付けておきたいこと。

ここまで、通学時の防犯グッズについておすすめのものを紹介してきました。次は、そんな防犯グッズについて気を付けておきたいことをまとめていきます。まず一つ目は、お子さんがいつでも防犯グッズを使用できるように、使い方を教えておくことです。防犯グッズを持たせたとしても、とっさの判断で使えなければ意味がありません。特に、小さいお子さんには、防犯グッズの重要性についてもしっかり教えておく必要があります。二つ目は、使い慣れておくことです。犯罪に巻き込まれてしまったときは恐怖でパニックになってしまうことが多い為、音が出てもいいような昼間に使う練習をしておきましょう。三つ目は、いつでも使えるように、定期的に充電などを確かめることです。特に防犯ブザーなどは電池交換をこまめに行うことが大切です。お子さんの安全を守るためにも、買い与えて終わることのないようにしましょう。