通学時の危険は何か防犯アイテムを使った安全確認

大切なお子さんが小学校に入学すると、基本的に登校は徒歩通学となります。その際、小学校から指定された通学路を使用することとなり、この通学路の環境を事前にチェックしておくことが重要なのです。通学路には様々な危険が潜んでいます。例えば、人の出入りがなく荒れ果てている空きビルや空き家、また人の行き来の少ない裏道等は犯罪発生リスクが高まります。幹線道路沿いの場合、交通量の多い交差点は時間帯に寄ってはとても危険です。そして不審者の出没は無いと言いきれません。このように通学路であっても危険と隣り合わせの環境が常態化しており、課題となっています。危険から身を守るためには効果性の高い防犯アイテムの活用が求められ、小学校によっては入学と同時に防犯ブザーを配布しているところもあります。防犯ブザーは使用がとても簡単、またランドセルに目立つよう装着するだけで犯罪抑止効果を発揮します。

通学路の安全確保に向けた防犯対策について

毎日、利用する通学路の危険箇所を探り出し、改善に向けた行動を小学校や地域と協議し取組みましょう。最近では通学路沿いに立地する商店や店舗、事務所など建物に防犯カメラの設置が多くなっています。対策として防犯カメラ設置の表示を徹底し犯罪抑止に繋げます。次に不測の事態を想定し、不審者に声をかけられたら逃げ込む場所を設定します。コンビニや美容室など必ず人が居るところに協力要請します。そして登下校は集団とし、ひとりで登下校しないよう申合せ、保護者が中心となり地域ボランティアの協力を仰ぎながら要所で見守り隊を配置します。このような防犯対策を講ずる前に、保護者がお子さんに危険箇所に立寄らない、不審者に声をかけられたら防犯ブザーやホイッスルを即座に吹くなど指導しておくことが重要となります。

通学時に危険から身を守る防犯グッズやシステムの最新情報

通学やお出かけ時にお子さんの身を守る防犯グッズの代表格は、防犯ブザーや防犯ホイッスルです。最新のブザーの特徴は、ランドセル一体型です。カバーに装置が組み込まれており使用はとても簡単ですが、普通のお出かけの時はランドセルを身に付けることがありませんので注意が必要です。また、女の子にはキラキラ輝き可愛いタイプの防犯ブザーが人気です。春先の入学シーズンになると、どの販売店でも売り切れ状態になる人気商品です。一方、お子さんの現在地などが確認できる子供用スマートフォンを持たせる保護者の方が増えています。位置情報機能が装備され何かあった時に、直接会話ができるメリットが好評です。その他、民間警備会社が提供している有料契約サービスがあります。帰宅すると保護者にメッセージが届いたり、不測の事態発生時には駆けつけサービス等に対応しています。