インテリア気分で気象観測

最新情報

2017年12月25日
進化を続ける気象観測装置を更新。
2017年12月25日
インテリア気分で気象観測を更新。
2017年12月25日
詳細を知ることで行動にも変化がを更新。
2017年12月25日
気象観測装置が生活を変えるを更新。

注目記事

インテリア気分で気象観測

おしゃれに気温観測「ガリレオ温度計」 密閉されたガラスシリンダーの中が透明の液体で満たされ、その中にいくつ…

more

気象観測装置が生活を変える

農業と気象観測装置の重要性 農業における気象現象は収穫量に大きな影響をもたらします。植物が丈夫に生育するた…

more

詳細を知ることで行動にも変化が

異常気象をいち早く察知できる気象観測装置 気象観測装置と聞くと、何やら大げさで専門的な印象を受けるかもしれ…

more

カレンダー

2018年7月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

おしゃれに気温観測「ガリレオ温度計」

密閉されたガラスシリンダーの中が透明の液体で満たされ、その中にいくつも入っている色とりどりのガラス玉(浮き)が浮き沈みして温度を教えてくれる温度計です。気象観測装置ではあるものの、非常にインテリア性が高く、サイズの違うものを幾つもそろえる人がいるほどです。
中学校の理科の授業で習う浮力の原理を利用していて、室内の気温の変化に中の液体が影響を受けて体積が変化すると、それに応じて浮きが上下に動く、とても簡単な気象観測装置です。気温が高いと浮きは沈み、気温が低いと浮きは浮かんできます。浮きによって比重が違うため、沈んでいる浮き、浮いている浮きをみて温度を判断します。温度計としては非常にアバウトで目安程度にしかなりませんが、全部浮きが沈んでいると暖かく、反対に全部浮かんでいると寒い、という判断にはなるでしょう。ガラス瓶とガラス玉など、家にあるものや簡単に手に入るもので手作りもできます。
気象観測装置ですが、ちょっとおしゃれな文具店やインテリアショップ、ネット通販などで購入できます。20㎝程度の小さいものなら1500円程度、40㎝を超える大きいものでも3000円程度で手に入ります。なお、細長いガラス製品です。普通に飾るにはなんの問題もありませんが、小さなお子様やペットなどが倒すと割れる危険があります。また、中の透明の液体は薬品ですので、飾る場所や取り扱いには注意が必要です。

気象観測装置の種類とは?

気象観測とは気象現象、つまり大気の状態の変化による天候や気温の変化を観測することを指します。今までは目視で行われてきた気象観測ですが、科学が発展した現代では気象観測装置と呼ばれる機械が行ってくれます。その気象観測装置の種類とはどのようなものがあるのでしょうか?
温湿度センサーは、気象において最も重要視するものの一つである気温や湿度などを測ってくれるセンサーです。屋内外に設置すれば、温度、湿度を両方とも計測してくれるため、様々な場面で活躍しています。次いで風向風速計がありますね。風向きや風の強さは気象観測においても非常に重要な要素です。特にこの風向風速計は、スポーツの分野において、結果を大きく左右するため重点的に計られています。例えば球技などではボールの軌道に大きな影響を与えますし、陸上競技でも選手のタイムや結果などに大きな影響を与えてしまいます。そのため競技場やスタジアムでは気象観測装置が個別で設置してあるところが多いのです。
また、日射量を観測する日射計も忘れてはいけません。日射計は日差しの強さ、つまり太陽から降り注ぐエネルギーを観測する装置です。その特性上、主に動植物の育成に携わっている方や、工業、建築など非常に幅広い分野で観測情報が活用されています。気象観測装置とは、こういった種類があるのです。

Copyright(C)2017 気象観測装置の設置をしてピンポイントのお天気をチェック All Rights Reserved.